更年期障害 食事

更年期障害と食事

多くの女性が悩む更年期障害。更年期障害の症状のあらわれ方や度合いは様々ですが、少しでも気になったら早めに治療を受けることが大切です。専門医による診療や治療はもちろん大切ですが、自宅でもできるケアもあります。まずは日々の食生活を見直してみましょう。

 

更年期障害は女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの分泌量の減少が一因と言われています。エストロゲンが減少することで、自律神経に影響を与え、様々な症状が引き起こされるのです。

 

更年期障害が気になる方は、日々の食事に大豆食品を取り入れることをおすすめします。大豆に含まれるポリフェノールのひとつである大豆イソフラボンは、体内でエストロゲンと似た働きをします。大豆イソフラボンを摂取することで、更年期障害の症状を和らげることができるのです。

 

ホルモンバランスを正常な状態へと導く食材としては、発芽玄米やよもぎ、もやし、ワカメや昆布などの海草類などがあります。これらも積極的に取り入れたい食材と言えるでしょう。

 

女性ホルモンのひとつであるエストロゲンが減少すると、骨粗しょう症になってしまう可能性があります。大豆イソフラボンは骨粗しょう症を防ぐ働きをするので、積極的に摂取していくことが大切と言えるでしょう。

 

更年期障害によって冷え性の症状がみられる場合があります。そんなときには身体をあたためる働きをする食材を取り入れるといいでしょう。唐辛子や生姜タマネギ、カボチャなどは、身体を温める働きをします。これらを積極的に取り入れ、冷えを撃退するようにしましょう。