更年期障害 原因

更年期障害はなぜ起こるのか?

女性の身体は40代中頃から50代中頃にかけて、大きく変化していきます。それに伴って、更年期障害と呼ばれる様々な症状があらわれることがあります。更年期障害の症状としては、発汗異常やほてり、不眠、めまいなどがあげられます。では、更年期障害はなぜ起こるのでしょうか?

 

女性は年齢を重ねていくにつれて、卵巣の機能がじょじょに低下していきます。そして閉経し、エストロゲンに代表される女性ホルモンの分泌が著しく減ります。それと反比例して、下垂体からの卵胞刺激ホルモンの分泌は増えていきます。このようにホルモンのバランスが変化すると、自律神経にも影響を与えます。自律神経の機能が弱まることによって、身体にも様々な症状として影響が出てしまうのです。

 

また、更年期障害には外部的要因も影響があると言われています。日々の人間関係におけるストレス、親の介護や子供の独立による喪失感など、環境の変化が体調に影響するケースもあるのです。また、その人の性格によっても症状の度合いが異なるとも言われています。

 

このように更年期障害が引き起こされる要因は、人によって様々だと言えるでしょう。更年期障害の度合いはその人の置かれている環境やその人自身の性格によっても症状は異なるのです。症状の出方は人によって異なりますが、ほとんどの女性にとって更年期障害は避けては通れない問題と言えます。健やかに過ごすためには、更年期障害と真剣に向き合っていくことが大切と言えるでしょう。