更年期障害 生活習慣

生活習慣を見直して更年期障害を乗り切る

女性ホルモン 乱れ

多くの女性が経験すると言えるのが更年期障害ですが、更年期障害は閉経による女性ホルモンの乱れが要因のため、予防するのは非常に困難です。避けては通れない更年期障害ですが、生活習慣を見直すことで症状を緩和することはできます。

 

引き起こされる症状として更年期障害に挙げられるものの中には、骨粗しょう症があります。骨粗しょう症を防ぐには、過度のアルコール摂取や喫煙、カフェインの摂りすぎは厳禁です。また、ビタミンDはカルシウムの吸収をサポートする働きをするので、ビタミンDが含まれる食品を積極的に摂るといいでしょう。

精神的なストレスを溜めない過ごし方を考える

更年期障害による症状は、精神的なストレスをも増大させてしまいます。症状がつらいと、家に閉じこもってしまいがちになってしまいます。ですが、ひとりで家にいるとマイナス思考に陥ってしまったり、ますますストレスが溜まってしまうこともあります。できるだけ、外に出て人とコミュニケーションをとることも大切と言えるでしょう。定期的なカウンセリングや家族との会話も非常に効果的です。

 

更年期障害のはじまりをあらかじめ感知することも非常に大切です。月経のサイクルに変化が見られたり、量が減った、などの現象は更年期の兆候です。身体の変化に気を配り、できるだけ体調を整えておくといいでしょう。心構えをしておくことも、更年期障害の緩和にとって非常に大切と言えるのです。

 

気にしすぎることで更年期障害の症状が悪化してしまうこともあります。くよくよせずに、できるだけ前向きな気持ちで日々を過ごすことが望ましいでしょう。