更年期障害 骨粗しょう症

なぜ更年期になると骨が弱くなるのか?

骨粗しょう症と聞くとお年寄りの病気というイメージを持つ方がいるかもしれません。骨粗しょう症の原因のひとつに加齢はありますが、原因はそれだけとは言えないのです。特に女性の場合は更年期障害とともに骨粗しょう症が併発してしまうケースが多く見られます。

 

更年期障害 骨粗しょう症

骨粗しょう症とは、身体を形成する骨の量が著しく減少することで、骨折しやすくなってしまうという病気です。骨粗しょう症は症状がわかりづらいため、骨折など骨にダメージを受けてから気がつくことが多いことも特徴と言えるでしょう。また、骨折だけでなく、慢性的な痛みや骨の歪みなどの症状であらわれる場合もあるので、注意が必要です。

 

では、なぜ更年期障害によって骨粗しょう症が併発されてしまうのでしょうか。女性は、閉経後にエストロゲンという女性ホルモンの分泌量が激減します。エストロゲンは、骨からカルシウムが溶け出る量を調節する働きをします。そのエストロゲンが減少することで、骨量や骨密度が低下してしまうという現象を引き起こします。それが骨折や腰痛などの骨のトラブルを招くことになってしまうのです。

 

更年期障害によって骨粗しょう症を併発を予防するには、日頃からバランスの良い食生活や規則正しい生活を心がけることが大切です。高齢となってから骨にトラブルが生じると、そのまま起きられなくなってしまう恐れがあります。健やかな生活を送るために、更年期障害はもちろん骨粗しょう症のケアをするようにしましょう。