更年期障害 高脂血症

更年期障害と高脂血症の関係性

更年期障害という言葉を知っていても、具体的にどんな症状があらわれるのかを知らない方が多いのではないでしょうか。更年期障害の主な症状は、発汗異常や頭痛や動悸などがあげられるでしょう。更年期障害は精神的にも大きな影響をおよぼします。たとえば、やる気減退やうつ状態など、精神的な症状があらわれるおそれもあるのです。

 

更年期障害はそれ自体の症状にとどまりません。更年期障害によって、他の病気が併発させてしまう場合もあるのです。骨粗しょう症や高脂血症などが、その代表と言えるでしょう。

 

血液中には脂肪分が含まれています。その脂肪分が極端に増えてしまうことを高脂血症と言い、高脂血症が原因で動脈硬化などの深刻な症状を引き起こしてしまう恐れもあるのです。ではなぜ、更年期障害によって高脂血症が併発されてしまうのでしょうか。

 

女性は閉経後に女性ホルモンひとつであるエストロゲンの分泌が極端に減少します。女性ホルモンのバランスが崩れることで、中性脂肪やコレステロール値などの数値が上がってしまうことがあるのです。また、女性ホルモンの分泌が減ることで、LDLコレステロールが増加する傾向もあります。それらが高脂血症の要因となってしまうのです。

 

高脂血症を防ぐには、規則正しい生活習慣やバランスの取れた食生活が大切となります。また、高脂血症の検査を頻繁に行うことで、病気を未然に防ぐこともできるでしょう。バランスの取れた生活習慣で、健康的な生活を実現させましょう。