更年期障害 ホルモンバランス

更年期障害とホルモンバランス

めまいや不眠など、更年期障害に悩まされているという女性は少なくないのではないでしょうか。更年期障害の症状や程度は人によっても異なりますが、非常につらいものです。そんな更年期障害はどんなことが原因で起きるのでしょうか。女性の卵巣は年齢を重ねるとともに、その働きが低下していきます。そのため、卵巣で生成されている女性ホルモンも正常に分泌されなくなっていきます。そのホルモンバランスの乱れが身体に様々な影響を与え、諸症状を引き起こす要因となってしまうのです。

 

更年期 ホルモン

また、女性ホルモンの減少にともなって、性腺刺激ホルモンの分泌も減少していきます。性腺刺激ホルモンは自律神経と深く関わり、減少することで自律神経が正常に働きにくくなってしまいます。自律神経が正常に機能しないことで、耳鳴りや手足のしびれ、頭痛、肩こり、冷え、めまいなどの諸症状を引き起こしてしまうのです。

 

ホルモンバランスの乱れは、身体への影響にとどまりません。なんとなく不安な気持ちになってしまったり、憂鬱になってしまうといった、精神的な影響も見られます。これらも困難な影響と言えるでしょう。

 

ホルモンの分泌量が減少しているときに、重ねて精神的なストレスを抱えてしまうことがきっかけとなって、更年期障害がはじめってしまうケースが多いのです。更年期は身体が非常にデリケートになっているので、規則正しいストレスの少ない生活を心がける必要があると言えるでしょう。