更年期障害 治療

更年期障害を治療するには

更年期障害 治療

更年期障害は心身ともに影響があらわれる、女性にとっては非常に大変なトラブルです。更年期障害は一人で抱え込んでしまうと、より症状を悪化させてしまう恐れがあります。少しでも不調を感じたら専門医に相談することが望ましいでしょう。周囲の女性もそれなりに悩みはかかえていても、更年期障害の現れ方は個人差があるので、友人に相談するのは難しいかもしれません。また、男性の更年期障害と違いがありますから、夫婦間でも理解を得られないことも多々あるようです。

 

いくつか治療方法が更年期障害にはあります。心因的な症状があわられてしまったときは、心療内科で治療を受けることも有効な方法です。また、漢方薬の中には心因的な症状に作用するものもあります。気になる方は自分の症状を相談し、適切な漢方薬をすすめてもらうといいかもしれません。

ホルモン補充療法について

更年期障害の治療でよく用いられるのが「ホルモン補充療法」です。「ホルモン補充療法」はホルモン剤を投与する治療法で、更年期障害に伴う鬱の症状や不眠などのトラブルを緩和することができます。また、「ホルモン補充療法」は美容にも効果があると言われており、肌の衰えを緩和させる効果も得られます。

 

「ホルモン補充療法」で使用するホルモン剤には癌になるリスクがあると言われていました。ですが、リスクを回避する方法も研究されているので、問題ないという意見も出ています。リスクが心配な方や試してみようか迷っている方は、一度病院での説明を受けることをおすすめします。

 

更年期障害には様々な治療方法があります。病院で相談し、適切な治療を行うことが大切と言えるでしょう。一人で抱え込まずに、少しでも気になる点があったら専門医に相談することをおすすめします。