更年期障害 冷え症

更年期障害による冷え

更年期障害は様々な症状があり、人によってあらわれ方は異なります。中でも「冷え」は女性にとって辛い症状と言えるでしょう。更年期障害は女性ホルモンの分泌量が激減することで起き、それにより自律神経の働きも悪化してしまいます。自律神経の働きが悪くなると、身体の血行も悪化し、結果的に冷えの症状があらわれてしまうのです。

 

また、身体が冷えることで更年期障害の症状が悪化してしまうこともあります。手足などの末端が冷たくなると、内臓に古い血液が集まってしまいます。下半身が冷たくなると、身体をあたためるために血液が頭に集まっていきます。それが更年期障害の症状のひとつである、ほてりやのぼせとして表れてしまうのです。

漢方薬やサプリメントも取り入れてみる

冷えを緩和するには、血行を良くすることが大切です。ビタミンCやEのビタミン類、漢方薬でも使われる高麗人参、コラーゲンなどは血行を改善するために、積極的に摂ることが望ましいでしょう。日々の食生活に取り入れやすい食材としては、黒こしょうやシナモン、ショウガなどがあります。どれも普段の食事にワンポイントとして追加しやすいので、取り入れてみるといいでしょう。

 

身体をあたため、血行を改善する効果のある食品を摂るのはもちろんですが、漢方薬やサプリメントを摂ることも非常に大切です。薬局や病院などで、相談してみるといいでしょう。

 

身体をあたためること以外にも、自律神経の働きを正常化することも大切です。自律神経を正常化するには、リラックスした状態を保つことが望ましいでしょう。リラックス効果のある音楽を聴いたり、身体を動かしたりして、日々を健やかに過ごすことが大切と言えるでしょう。

関連ページ

更年期障害の頭痛の原因とケア法
更年期障害は、頭痛、肩こり、のぼせ、動悸、情緒不安定など、人それぞれさまざまな症状を伴います。加齢によるホルモンバランスの崩れが主な原因になりますが、自己判断がむずかしく医師への相談が遅れて悩む女性も多い更年期。症状や原因を知り、気持ちよく生活するためのケア法などをまとめています。
更年期障害のめまいの症状とケア法
更年期障害は、頭痛、肩こり、のぼせ、動悸、情緒不安定など、人それぞれさまざまな症状を伴います。加齢によるホルモンバランスの崩れが主な原因になりますが、自己判断がむずかしく医師への相談が遅れて悩む女性も多い更年期。症状や原因を知り、気持ちよく生活するためのケア法などをまとめています。
更年期障害のぼせの症状とケア法
更年期障害は、頭痛、肩こり、のぼせ、動悸、情緒不安定など、人それぞれさまざまな症状を伴います。加齢によるホルモンバランスの崩れが主な原因になりますが、自己判断がむずかしく医師への相談が遅れて悩む女性も多い更年期。症状や原因を知り、気持ちよく生活するためのケア法などをまとめています。
更年期障害の動悸・息切れの症状とケア法
更年期障害は、頭痛、肩こり、のぼせ、動悸、情緒不安定など、人それぞれさまざまな症状を伴います。加齢によるホルモンバランスの崩れが主な原因になりますが、自己判断がむずかしく医師への相談が遅れて悩む女性も多い更年期。症状や原因を知り、気持ちよく生活するためのケア法などをまとめています。