更年期障害 動悸

更年期障害と動悸・息切れの関係性

更年期障害は女性に様々な影響を及ぼします。女性は閉経することで、自律神経のバランスにも支障をきたすことがあります。自律神経は心臓の拍動を制御する働きをしているため、自律神経の働きが弱くなることで交感神経や副交感神経などのバランスが崩れやすくなります。その影響で、動悸や息切れなどの更年期障害の症状があらわれてしまうことがあるのです。

 

つまり、更年期障害によってあらわれる動悸や息切れは、自律神経のバランスが崩れることに起因していると言えるでしょう。自律神経を正常な状態に改善するには、生活習慣を見直すことが大切と言えます。過度のアルコール摂取や喫煙は、自律神経に悪い影響を与えます。摂りすぎには充分注意しましょう。

 

紅茶やコーヒーを日常的に飲む方は多いでしょう。ですが、紅茶やコーヒーはカフェインを多く含んでいるため、自律神経にとって、あまり良くありません。飲み過ぎには注意するようにしましょう。

 

生活習慣を改善しても、息切れや動悸の症状が突発的に出てしまう可能性もあります。そんなときは、落ち着いてゆっくりと深呼吸してみましょう。症状が重い方だと、過呼吸のような症状におちいってしまうこともあります。そういう場合も落ち着いて、ビニール袋や紙袋で口元を覆い、中に息を吹きいれましょう。そして、袋の中の空気を吸い込みます。この動作を呼吸が落ち着くまで繰り返していきましょう。

 

更年期障害の中でも動悸や息切れは辛い症状と言えます。ですが、生活習慣を見直すなどして向き合っていくことで症状を緩和させることができます。あせらずにじっくりと改善していきましょう。

関連ページ

更年期障害の頭痛の原因とケア法
更年期障害は、頭痛、肩こり、のぼせ、動悸、情緒不安定など、人それぞれさまざまな症状を伴います。加齢によるホルモンバランスの崩れが主な原因になりますが、自己判断がむずかしく医師への相談が遅れて悩む女性も多い更年期。症状や原因を知り、気持ちよく生活するためのケア法などをまとめています。
更年期障害のめまいの症状とケア法
更年期障害は、頭痛、肩こり、のぼせ、動悸、情緒不安定など、人それぞれさまざまな症状を伴います。加齢によるホルモンバランスの崩れが主な原因になりますが、自己判断がむずかしく医師への相談が遅れて悩む女性も多い更年期。症状や原因を知り、気持ちよく生活するためのケア法などをまとめています。
更年期障害のぼせの症状とケア法
更年期障害は、頭痛、肩こり、のぼせ、動悸、情緒不安定など、人それぞれさまざまな症状を伴います。加齢によるホルモンバランスの崩れが主な原因になりますが、自己判断がむずかしく医師への相談が遅れて悩む女性も多い更年期。症状や原因を知り、気持ちよく生活するためのケア法などをまとめています。
更年期障害の冷えの症状とケア法
更年期障害は、頭痛、肩こり、のぼせ、動悸、情緒不安定など、人それぞれさまざまな症状を伴います。加齢によるホルモンバランスの崩れが主な原因になりますが、自己判断がむずかしく医師への相談が遅れて悩む女性も多い更年期。症状や原因を知り、気持ちよく生活するためのケア法などをまとめています。